生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展 2018年6月6日(水)~7月29日(日)上野の森美術館

《 相対性 Relativity. 1953 》Copyright Credit: All M.C. Escher works c the M.C. Escher Company B.V. - Baarn
-the Netherlands. Used by permission. All rights reserved. www.mcescher.com
実際にありそうで、現実的にはない風景である《滝》、ぐるぐると歩いているかのようでつながっていない《相対性》など、教科書で一度は見たことのあるエッシャーの不思議な世界は唯一無二の独特な世界観といっても過言ではないでしょう。今なお、世界中の人々を魅了する版画家エッシャーは、2018年に生誕120周年を迎えます。この記念すべき年に、日本で大規模な回顧展を行うことが決定しました。今回の展覧会は、イスラエル博物館が所蔵する貴重なコレクションであり、作品はすべて日本初公開となります。

本展は、代表的なだまし絵の作品に加え、初期に制作された作品、さらにその版画制作に使用された板や直筆のドローイングが加わった約150点で構成されます。

東京では約12年ぶりの大規模個展となる本展を、お見逃しなく!
マウリッツ・コルネリス・エッシャー Maurits Cornelis Escher
(1898年6月17日-1972年3月27日)
オランダを代表する版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャーはだまし絵(トロンプ・ルイユ)の分野で世界一の知名度を持つアーティストである。建築不可能な構造物や無限を有限の中に閉じ込めた作品、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を次々と作り上げた。
エッシャーの作り上げたビジュアルイメージはクリエイターだけでなく数学者など幅広い専門家達へインスピレーションを与えてきた。
開催概要
生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展
The Miracle of M.C. Escher: Prints from The Israel Museum, Jerusalem
           
会期:2018年6月6日(水)~7月29日(日)
主催:イスラエル博物館、産経新聞社、フジテレビジョン、上野の森美術館
協賛:野崎印刷紙業
協力:Blue Dragon Art Company
問い合わせ:03-3833-4191(上野の森美術館)

※展覧会の詳細は、随時このホームページにてご紹介してまいります。