エッシャーが1939-40年に生み出した大作《メタモルフォーゼⅡ》。文字から始まり、様々な形態が変容しながら循環し続け、やがて最初の文字へと戻るこの表現は、エッシャー芸術の極点を示しています。
※作品はクリックで拡大表示いたします。
《メタモルフォーゼⅡ》1939-1940年

TOP