開催日程・チケット情報
メッセージ
escher × 篠崎英子
エッシャーの絵の魅力は、なんといってもその現実と空想の境目のないところだと思います。

小さい頃に、毎日通っている通学路に、突然違和感を覚えて迷ってしまったことがあるのですが、そういう日常に潜む「不思議ポケット」を思い出させてくれ、見ていて飽きることがありません。エッシャーの描いているものは決してあり得ないような不思議ではなく、誰もが一度は体験したことのある「あれ?」という瞬間な気がしています。

エッシャーの絵をどこで初めてみたのか、はっきりとしないのですが、不思議なことにとてもなじみがありました。絵を描くことが好きな人なら、一度はまねして描いてみたくなる、一度見たら忘れられない画風、真似できそうで出来ないのがエッシャーのすごいところです。

「ミラクル エッシャー展」。
美術館の大規模展で、エッシャーの作品を見られるという贅沢な機会に、しばらく忘れていた「すぐ近くにある不思議」に気付く視点を磨きたいと思います。
篠崎英子
Profile:篠崎英子(しのざき・ひでこ)/デザイナー
旅をテーマにしたブランドWanderclad etc.. (ワンダークラッドエトセトラ)デザイナー。ウェス・アンダーソン監督作品のプロモーション用イラストや、スターバックスのタンブラー、ウェブマガジンhoneyee.comのホロスコープイラストなどを手がける。本展ではMAX BRENNERとのコラボ商品のオリジナルミニバッグのデザインを担当。
Twitter(混雑情報)
Facebook
《メタモルフォーゼⅡ》1939-1940年

TOP